本文へスキップ
「川井赤しそ」の誕生から現在まで    
TEL 0193-76-2165  FAX 0193-76-2042
〒028-2302  岩手県宮古市川井第2地割186番地1
川井しそブランド推進協議会HPタイトル

D資料で振り返る歴史COMP

「川井しそ生産組合」「川井産業振興公社」資料

昭和60年9月7日
「新村発足30周年を祝う」             「広報かわい」昭和60年9月号  
昭和62年2月12日
「産業開発公社を設立」              「広報かわい」昭和61年2月号  
昭和62年4月14日
「ビーフビレッジ区界落成」            「広報かわい」昭和62年4月号  
昭和62年7月
「川井産業開発公社 新製品を開発 ペリーラ」   「広報かわい」昭和62年6・7月号
昭和62年10月6日
「盛岡 町村物販まつりで特産品をPR  ぺリーラ」  「広報かわい」昭和63年10月号
平成4年10月12日
「塩蔵加工施設が完成」              「広報かわい」平成4年10月号
平成5年4月22日
「道の駅 区界高原ビーフビレッジが登録」     「広報かわい 」平成5年5月号
平成15年8月27日
「シソ畑続く 川井村 夏の風物詩の紫色」     「岩手日報」       
平成16年3月11日
「川井村特産シソ 紀州梅原料に 年間100トン出荷  村産業公社 生産ライン増強 減農薬、品質を評価」                 「岩手日報」        
平成16年3月13日
「風土計」「川井村特産のカタメンシソは、漢字で「片面紫蘇」と書く」 「岩手日報」 
平成16年3月31日
「日報論壇」 「川井村のシソに期待」       「岩手日報」       
平成16年8月10日
「県内! 二つ目の道の駅誕生 道の駅 やまびこ館」  「広報かわい 」2004年9月号  
平成16年10月7日
「村の特産品で、地域の所得の安定と向上を目指す                   日本一のうめ産地へカタメンシソ 100tを供給」 「東北農政局 農林漁業現地情報」
平成16年10月13日
「紀州梅用シソ出荷開始 川井村産業開発公社  ブランドと連携 知名度向上に期待」                             「岩手日報」  
平成16年12月21日
「川井しそ生産組合 いわて地域特産作物 オンリーワン大賞受賞」                                    「広報かわい」2005年1月号  
平成18年4月21日
「川井シソは安心農法 村内生産者72人 県からエコファマー認定 ブランド確立に弾み」                           「岩手日報」          
平成22年12月16日
「31人21団体を表彰 いわて農林水産躍進大会」     「岩手日報」      
平成30年3月31日
「加工・業務用野菜取組事例 赤紫蘇の一次加工で販路を拡大 叶井産業振興公社(岩手県宮古市)」   「東北農政局」
令和2年8月
一番星・輝く岩手の農業人【片面シソ収穫確保へ一致団結】杉下一雄さん                         【NOSAIいわて】2020.8(32)岩手県農業協同組合 



ホームページのトップ

@片面紫蘇とは?

A「片面紫蘇」生産の歩み

B「片面紫蘇」加工の歩み

C塩蔵加工品「川井赤しそ」 

D資料で振り返る歴史

川井しそブランド推進協議会

関連サイト


かわい物語 川井村の地域振興

バナー

川井しそブランド推進協議会

〒028-2302
岩手県宮古市川井
    第2地割186番地1

    TEL 0193-76-2165
    FAX 0193-76-2042

mail:
kawai-shisho@city.miyako.iwate.jp